ブランクが不安






ブランクが不安

どんな仕事であってもブランクがあるというのは不安なものです。

看護師は病気の治療に関する業務なので、

しばらくの間実務から離れているとさらに不安が大きいものです。

退職する理由によってブランクの期間は違いますが、

出産や育児のためだったりすると最低でも1年、

長い人だと10年ぐらいのブランクが空いてしまうこともあるでしょう。

看護師の資格は一生ものなので再就職には有利です。

特に看護師は人材不足が深刻なので募集もたくさんあるために復職しやすいです。

ただ、命を預かる仕事ですので、仕事はすぐに見つかるといっても、

業務内容に関しての不安があるため泣かなか復職できないという方も多いのではないでしょうか。

ブランクの不安を解消する為には

現在の医療現場を知り、医療機器や薬に関しての知識をつけることが一番です。

ですが、医療現場を知るためには人脈も必要ですし、

医療機器や新薬のことを独学で勉強をするのはものすごく大変です。

ですのでまずは「ブランクがある」という観点ではなく、

新人になったつもりで職場を探してみる事です。

10から始めるのではなく0から始める感覚で就職活動をしていけば、

おのずとそれに合わせた職場を探すことが出来ます。


新人のころと同じ気持ちで職探しをすると不安もなくなって、案外選択肢が広がります。